加齢黄斑変性 術者

吉田 則彦

前社会保険中京病院 眼科医長
岐阜赤十字病院 眼科医長
吉田 則彦

加齢黄斑変性とは

年齢を重ねるとともに老廃物が黄斑部(網膜の中心部)に蓄積し、障害される病気が加齢黄斑変性です。欧米では成人の失明原因の第1位となっており、日本では比較的少ないと考えられていましたが、近年、人口の高齢化と生活の欧米化により著しく増加しており、本邦でも失明原因の第4位となっています。

加齢黄斑変性の症状

1)変視症

不規則に腫れたスクリーンに映像を投影するとゆがんでみえるように、黄斑部に液体がたまり腫れると、ものもゆがんで見えます。ただし、網膜の周辺部は障害されていませんので、周辺部は正しく見えます。

2)視力低下、中心暗点

さらに黄斑部の網膜が障害されると、真ん中が見えなくなり、視力が低下します。通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの患者さんで視力が0.1以下になります。網膜下に大きな出血が起こると突然、著しい視力低下が起こることがあります。

3)色覚異常

症状が進んでくると色が分からなくなってきます。

加齢黄斑変性の治療

治療の目的は脈絡膜新生血管の拡大を抑え退縮させ、視力を維持あるいは改善することです。視力が良くなることもありますが、視力が正常になることはほとんどありません。

1)薬物治療

脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)が関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。現在主に用いられているVEGF阻害薬にはマクジェン®、ルセンティス®、アイリーア®という2種類の薬がありますが、いずれも目の中(硝子体腔)に複数回注射します。その後は定期的に診察をして、脈絡膜新生血管の活動性がみられれば、再度注射を行います。光線力学的療法と組み合わせて治療を行うことがあります。

2)光線力学的療法

ビスダイン®という光感受性物質を点滴し、弱い出力の専用のレーザーを病変部に照射する治療法です。治療後48時間以内に強い光に当たると光過敏症などの合併症が起こることがあるので注意が必要です。眼科PDTの認定医が行う必要があります。

加齢黄斑変性の予防

(1)禁煙

喫煙している人はしていない人に比べて加齢黄斑変性になる危険性が高いことが分かっています。

(2)サプリメント

ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと加齢黄斑変性の発症が少なくなることが分かっています。加齢黄斑変性の発症が少なくなりますが、完全に抑えることはできません。

(3)食事

緑黄色野菜はサプリメントと同様に加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。肉中心の食事より、魚中心の食事のほうがよいようです。

ページの先頭へ戻る