ReLEx smile 術者

佐藤 裕也

医療法人桑友会
佐藤裕也眼科医院
日本眼科学会認定眼科専門医
佐藤 裕也

渡部 環

佐藤裕也眼科医院
日本眼科学会認定眼科専門医
渡部 環

小島 隆司

岐阜赤十字病院 眼科主任部長
小島 隆司

もっと詳しく知りたい方はブログへお越し下さい。

ReLEx smile「リレックス スマイル」とは、角膜にレーザーを照射し、
角膜内部の屈折率を調整することで、網膜に焦点を合わせる手術です。

●角膜実質層は、角膜断面5 層のうちの真ん中にあり、もっとも厚い層です。

手術の流れ

  • フェムトセカンドレーザーを照射して、角膜内に薄い切片を作成し、これを取り除くための小さな切れ目を入れます。

  • 切れ目から切片を抜き取ります。

  • 角膜の形状が変わり、屈折率が変化します。片眼にかかる手術時間は約10分です。

術式の特長

切れ目が2~3mmと小さくフラップを作らない、精度の高い、目に優しい手術
レーシックと比べて、80%も切る量が少なくなりました。

リレックス スマイル

  • フラップを作らない
  • 切れ目が2~3mmで小さい
  • フェムトセカンドレーザー1台で手術を行う
  • レーザー照射の精度が高い

レーシック

  • フラップを作る
  • 2台のレーザーを使用する
    (フェムトセカンドレーザーとエキシマレーザー)

リレックススマイルのメリット

  • 痛みが少ない
    切れ目(2~3mm)が小さいため、術中や術後の痛みが少ない
  • ドライアイになりにくい
    角膜の知覚神経をほとんど切断しないため、ドライアイになりにくい
  • 近視の戻りが少ない
    角膜の剛性を損なわないので、近視の戻りが少ない
  • 角膜が衝撃に強い
    激しいスポーツをしても間違って目をこすっても大丈夫

視力矯正手術の合併症

術後に、強い光源をまぶしく感じるグレア現象、夜間に光がにじんで見えるハロー現象などが発生する場合があります。
リレックス スマイルは、目を固定してからレーザー照射を行いますので、均一で正確な照射が可能です。
それによりグレア現象やハロー現象がレーシックと比べて少ないと報告されています。

目の動きを追いかけながらレーザー照射を行いますが、目を動かしてしまうと、きちんと照射できない場合も…

目を専用のコンタクトレンズで固定してからレーザー照射を行うので、照射がズレる心配がありません。

ページの先頭へ戻る