佐藤 友香さん

大学のヨット部に入っているのですが、今までは眼鏡やコンタクトレンズだったので、眼を気にしながらしていたんです。
でも今では、水しぶきも気にせずに楽しめている事が一番嬉しいです。
オルソKレンズの装着も最初は面倒でしたが、慣れてしまうと平気です。
装着にかかる時間も1分、2分かかるか、かからないかぐらいです。
夜間の見え方についてもグレア等があると説明がありましたが、私は全然気になりません。

照井 陸人さん

小学生のとき少年野球に入っていたのですが、ボールが見えにくくなり、眼鏡をかけてのプレーに不安があったので、オルソKレンズを始めようと考えました。
装用後は野球のボールが良く見えるようになり、楽しく練習ができるようになりましたし、また学校でも後ろの席のときは黒板の字を見るのに苦労していましたが、今でははっきり見えるようになりました。
初めは親子共々なかなか慣れずにいましたが、視力の回復とともに見える喜びが出てきて、今では生活の一部として習慣となっています。
今年、中学1年生になりバスケットボールを始め、視力の不安を感じることなく練習に励んでいます。

ページの先頭へ戻る