術後90%以上の方が0.7以上、
80%以上の方が1.0以上見えるようになっています。

当院のvisu LASIKは、特に事前検査を入念に行い、手術を受けられる方のカウンセリングを重点に、慎重に手術を行います。

手術は、エキシマレーザーで角膜の形状を変えることで網膜に焦点を合わせ、近視・乱視を矯正します。術後は、眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放されます。

当院では、最新のカールツァイス社製フェムトセカンドレーザーの導入によりフラップを作製し、visu LASIK以外にも角膜移植、角膜内リング(ICR)を行っております。

角膜の厚さが少し薄い方には、LASEKという術式をおすすめしています。

術後の入院について

visu LASIK 入院の必要はなく、視力は翌日から回復します。
LASEK 1~2泊の入院が望ましいでしょう。

近視度数に対して角膜の厚みが十分にない場合は、ICLをお勧めしています。

老眼について

近視乱視矯正手術を受けてもある年齢(一般的に40歳代)になると老眼鏡が必要になります。
そのため、40歳前後の方は術前に十分にカウンセリングを受け、老眼についてよく理解された上で希望する見え方を話し合って矯正量を決定していきます。
また、矯正手術は老眼年齢の方の見え方を考慮して少し近視を残すことも可能です。

白内障手術について

矯正手術を受けられた方が老齢になり白内障になった場合には、普通の方と同様に白内障手術を受けることができます。

visu LASIK手術の適応

次に書かれていることをよく読んで、自分自身でチェックしてください。

疑問に感じたことは、どんなことでも結構ですからお尋ねください。
手術の適応は原則として以下の通りですが、医師とのカウンセリングで適応を広げる場合もあります。

  • 20歳以上~60歳まで
    ※ただし、18歳以上で保護者の同意があれば、手術を施行する場合もあります。
  • 角膜やその他の眼の病気(円錐角膜・重症なドライアイ・緑内障・糖尿病網膜症など)がないこと
  • 屈折値(ディオプター※)が-2.5D~-6.0Dの中等度の近視であること
    ※-7.0D~-8.0D以上の強度近視はICLの適応となります。
  • 乱視は-3.0D以下であること
  • 近視の度数が少なくとも1年(できれば1年半)以上安定していること
  • 術前の角膜の厚みが十分あること(500μm:0.5mm以上)
    ※手術後400μmの厚さを確保できること。
  • 妊婦・授乳中でないこと
  • 過度に神経質でないこと
  • 精神的に不安定でないこと

[ 日本眼科学会のガイドラインによる ]

手術実績

たくさんの方々に裸眼で見える喜びを提供するお手伝いをしております。

開院から32年、当院ではいち早く厚生労働省認可のエキシマレーザーを導入し、近視・乱視矯正手術を開始。医療のめざましい進歩により、近視・乱視は完全な矯正が可能な時代になりました。

現在の視力矯正方法にご不満や不便を感じ、近視・乱視矯正手術に興味をお持ちの方は、ぜひ一度高度な技術と実績により、確かな結果を出している当院にご相談ください。

※-8D以上を手術した場合、高次収差が増える事が判明した平成17年以降は
-8D以上の矯正は全てICLで行っています。

当院の手術実績 /3,185眼
※2013年12月末現在

visu LASIK術後3ヶ月の裸眼視力
(完全矯正を目的とした手術結果)

2001年4月~2013年12月 該当件数1,929眼

術後の満足度

LASEK術後3ヶ月の裸眼視力
(完全矯正を目的とした手術結果)

2001年4月~2013年12月 該当件数1,236眼

検査・手術機器

最新機器を駆使した角膜形状解析

より確かな結果を出すためには、眼に関するデータは多ければ多いほどいい。
そんな考えから佐藤裕也眼科医院では、通常1種の検査ですませるところを、3種の機器を駆使してさまざまな角度から精密な術前検査を行い、見え方のクオリティにこだわります。

また、視力検査は看護師ではなく、視力検査のプロフェッショナルである視能訓練士(国家資格)が担当いたします。

検査機器

WASCA ウェーブフロントアナライザー

MEL80エキシマレーザー専用の検査・手術データ作成装置

オーブスキャンⅡ 角膜形状解析装置

角膜前面及び後面ならびに角膜厚の分布に関する情報が得られる。

TMS-5 角膜形状測定装置

14種類の角膜指数を表示。角膜の定量的評価が可能

手術機器

カールツァイスエキシマレーザーシステム MEL80

高精度アイトラッキング(250Hz)、高速レーザー照射により、より短時間での手術が可能となりました。

  • アメリカFDA認可 ※
  • 日本の厚生労働省認可

レーザーの照射方式はフライングスポットです。
短時間で、快適な手術が可能です。

VisuMax
(カールツァイス社製フェムトセカンドレーザー角膜フラップ作成装置)

進化を遂げた高度なレーザービームにより、非常に精度の高いフラップを作ることが可能になりました。
VisuMaxは、安全で目に負担をかけない「やさしいvisu LASIK」を提供します。

  • アメリカFDA認可 ※
  • 日本の厚生労働省認可

※FDA:米国食品医薬品局。医薬品・医療機器などを管理する機関(日本の厚生労働省にあたる機関)

ページの先頭へ戻る