ICL 術者

市川 一夫

独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院
眼科顧問
市川 一夫

ICL(有水晶体眼内レンズ)とは

エキシマレーザー手術で高度近視の矯正をした場合、術後の高次収差が増加するため、見え方の質に問題が生じることが判明しています。
現在では、そのような方のために「有水晶体眼内レンズ(ICL)」という矯正手段を行っております。

対象となる方

  • 高度近視~超高度近視
  • 高度乱視(±6Dまで)
  • 角膜厚が薄い

ICLをご希望の皆様へ

当院の施行実績は327眼(2015年12月末現在)です。
全て-10D以上の超高度近視の方ですが、手術後の裸眼視力は皆さん1.0以上で、とても感動されています。

ICLは高度な技術・熟練を医師だけではなく、視能訓練士、看護師にも要求されます。
ご希望の方は、十分な説明を受けて理解、納得してから手術を受けてください。

ICL手術のメリットとリスク

水晶体を取り出さず、水晶体の前面(後房型)に眼内レンズを乗せるように挿入しますので、ピント調節機能が温存されます。

ICLレンズについて

メリット

  • 角膜の中心部に手を加えないため光学的な損失がない。
  • 調節力(近くを見る力)が温存される。
  • 手術が可逆的(元に戻すことができる)であり、誤差や屈折変化が生じた場合でも交換が可能である。

リスク

  • 手術に高度な技術と熟練を要する。(ライセンス制)
  • 長期的なデータが少ない。
  • 稀に白内障を引き起こすことがある。
    (アメリカでは2.7%)

術後のデータ

術後視力割合(%)

術後視力割合

術後3ヶ月の満足度

術後3ヶ月の満足度

手術費用(検査費・薬代・税込)

片眼 378,500円
両眼 756,000円

体験談

裕也先生 藤田さんは昨年の5月にICLを受けられました。
ICLは、虹彩と水晶体の間に厚さ0.1mmというフィルム状の薄いレンズを入れ、近視を矯正するという手術です。藤田さんがICLを受けようと思ったきっかけから教えていただけますか?
藤田さん 私は近視がひどく、コンタクトレンズを使用していましたが、眼に傷がついてドクターストップになることが2~3回あったんです。メガネはレンズがとても厚くて、それをつけて仕事をするのも不便だったんです。「いい加減、こういう生活はイヤだ」というのがきっかけでした。
裕也先生 近視や乱視の矯正手術はLASIKやLASEKが一般的に知られていますが、なぜICLを選ばれたのでしょうか?
藤田さん 最初はインターネットでLASIKについて調べていたんですが、私の眼では手術の適応外になるということでした。さらに調べていくと、ICLというものに行き着いたんです。そこで仙台市内で手術を受けられる医院を調べたら、裕也先生のところが見つかったんです。
裕也先生 手術そのものはいかがでしたか。不安に感じた面などはありましたか?
藤田さん まったく感じませんでした。
というのも、術前の段階で受ける検査が徹底していますよね。見たことのない機械でしっかりと検査していただきましたので、術前の段階から安心感が膨らみました。ですから、リラックスして手術に臨めたと思います。
裕也先生 そうですね。
藤田さん あと、年をとってからもコンタクトをし続けるのか、とか先々のことを考えたり、お金の計算もしちゃうんですよね。コンタクトレンズのランニングコストがいくらで、ケア用品がいくらで、と思うと…。だから、本当はもっと早くに手術してもらえばよかったかなと思っています。
裕也先生 近視・乱視の矯正手術は、術後に視力が出ることはもちろん、その視力をそのまま維持できるようにすることが大切なんです。だからこそ、術前検査を徹底して行います。たくさんの項目をチェックし、ネガティブになりそうな要素の有無をきちんと調べるんです。さて、術後3ヵ月の視力は両眼ともに2・0です。手術翌日は夢のような感じだったのではありませんか?
藤田さん はい、もう自分の眼ではないような感覚で。生まれ変わったような感じでした。
これならもっと早く受けておけばよかったと思っています。ところで、この手術を受けられる医療施設は少ないんですね。
裕也先生 はい。ICLはライセンス制で、この取得者のいる医療施設にのみ、レンズがサプライされます。また、手術は技術的な熟練度が求められるので、日本でICLを受けられる医院は数少ないというのが実情なんです。当院では近視を治すために、LASIK、LASEKのほか、このICLという選択肢を用意して、適切な手術を選んでいただけるようにしています。

ICLライセンス

当院では、佐藤裕也理事長が手術ライセンスを持っています。

このライセンスは、指導医により所定の講習会及び実技試験を合格した眼科専門医のみ与えられるもので、ライセンス取得者にのみメーカーから有水晶体眼内レンズが供給されるという制度です。公的な資格ではありません。

有水晶体後房眼内レンズ・ICLは2010年2月に厚生労働省の認可が下りました。

ICLライセンス

ページの先頭へ戻る