白内障手術は保険診療です。(日帰りも可能です)

白内障とは、眼球の中にあってレンズの働きをする水晶体が白く濁ってくる病気です。
年齢とともに水晶体は黄色みを帯び、さらに混濁してやがて白内障となります。

白内障の主な症状

  • かすんで物がはっきり見えなくなる
  • 明るいところに出ると見えにくくなる

現在では日帰りでの手術も行っており、手術内容は濁った水晶体を取り出し、眼内レンズを入れるという方法です。

レンズ素材は40~50年以上の耐久性があります

眼内レンズはいったん眼の中に入れてしまえば手入れの必要はありません。
当院では折りたためるレンズの特徴を最大限活かして、約3mmの切開口から専用のインジェクターによる安全で清潔・簡単・確実な挿入システムを導入しています。

術前・術後

白内障手術について
健康保険対象

  • 手術は短時間で、心地よいBGMを聴きながら受けていただきます。
  • 3mmの小さな切開口から挿入できる、折たたみ式の眼内レンズを使用します。
  • 強い近視や遠視がある場合も、眼内レンズ度数をお一人ずつ計算することにより矯正することができます。(遠方優先または近方優先など)
  • 日帰り・入院ともに可能ですが、症状によっては入院が必要な場合もあります。
  • 手術が終わったら眼帯で保護していただきます。

緑内障のある方の場合

緑内障の程度にもよりますが、白内障手術+眼内レンズ挿入手術は安全に行えます。

ページの先頭へ戻る